保険の区分によって異なるリハビリの内容

医療保険でのリハビリの考え方

疾病を受傷されたことにより著しく低下した身体機能や日常生活動作能力(ADL)を、受傷前の本来あるべき状態に回復させることを目的としています。
疾病の後遺症により回復が困難な場合は、身体的・精神的・社会的に最も適した機能水準を達成することを目標に、各種の評価を行いながら治療訓練をすすめていき、身体機能の低下を補う環境(杖・装具・住宅改修など)を提案することで、活動制限が最小限になるよう努めます。

介護保険でのリハビリの考え方

疾病の受傷後に医療保険下のリハビリ(急性期・回復期)で再獲得した身体機能や日常生活動作能力を、自宅や施設で維持・向上させることを目的としています。
サービスを必要とする方が、その方らしい生活や人生を送るために、生活機能(身体機能・活動・参加)だけでなく物的環境や人的環境の整備も含めた個別性の高い介入をすることで、包括的に生活を支援していきます。

保険外でのリハビリの考え方

退院後の日常生活で感じた後遺症による問題や活動制限について、直接の原因である身体機能の低下(例えば麻痺など)に対して、諦めずに専門的な治療訓練を継続して行うことで、回復や改善を目指すことを目的としています。
医療保険の適用期間が過ぎた方でも、介護保険サービスと併用しながらでも、身体機能の回復や行為の再獲得だけでなく、再発予防や健康をテーマにした食生活の提案まで、完全個別性のプランでご利用いただくことが可能なサービスです。

 

利用者様が選択できる第三のリハビリサービスとしての位置づけ

従来の医療保険・介護保険サービスでは、医療保険から介護保険にバトンタッチするような仕組みで、利用者様の選択肢が限られている状態と言わざるをえません。
また、介護保険が適応されない場合は、医療保険の適応期間が終了すると同時に、リハビリサービスが受けられないケースも存在します。
保険外リハビリは、機能回復を諦めたくない利用者様やご家族様の第三の選択肢として近年発足されたサービスの形です。
(下図1.)(下図2.)

PAGE TOP
Instagram