●脳梗塞とは

脳の血管が詰まったり破れたりする病気(脳卒中)のうちのひとつに挙げられ、脳の血管が詰まる病気です。他には脳の血管が破れる「脳出血」も脳卒中のひとつとされています。

●脳梗塞の発症部位と症状

脳梗塞の発症部位と症状については以下のものが挙げられますが、これらは初期症状としても現れるものなので、一刻も早く専門病院での受診を行うようにしてください。

・大脳での発症による症状

体の半身の運動麻痺(片麻痺)や感覚障害、ろれつが回らない(構音障害)、言葉が出ない(失語)などの言語障害が起きます。

・脳幹や小脳での発症による症状

物が二つに見える(複視)、ふらついて手足がうまく動かない(体幹・四肢失調)などさまざまですが、最もひどいときは意識がなくなります(意識障害)。

●脳血栓と脳栓塞

動脈硬化によって作られた血栓が少しずつ脳の血管を狭め血管が詰まることで、ブドウ糖や酸素が行きわたらなくなって脳の細胞が死んでしまう病気で、じわじわ脳血管が詰まっていくものを脳血栓、大きな血栓が突然血管を塞ぐものを脳栓塞と呼びます。

●脳出血

脳内の血管が破れることで起きる病気で、脳の中の細い動脈が破れる「脳出血」と、脳の表面を走る大きな動脈にできたこぶが破れる「くも膜下出血」に分類されています。

・脳出血による症状

脳出血は発症したときに頭痛やおう吐を伴うことがあります。

症状は出血の部位によって異なりますが、多くは片麻痺、感覚障害を伴い、重症例では意識障害をきたします。

意識障害を伴う脳出血の予後はあまりよくありません。

・くも膜下出血による症状

くも膜下出血が起こると、猛烈な頭痛と吐き気、おう吐を伴い、多くはそのまま意識を失ってしまいます。出血が軽い場合、意識は回復しますが、出血量が多いときや脳内に破れ込んだ場合は、生命の危険があります。

●後遺症について

・運動障害

脳の運動を司る部分の損傷により、手足の日常動作が困難になる場合があります。

片麻痺や半身麻痺が残ることが多く、手足の動きに不具合が出ることで、歩行や階段の昇降、物を持ったりするような日常動作が困難になります。

麻痺が喉や舌の筋肉に影響が出た場合には、ろれつが回らず発声ができない、嚥下ができずに物が飲み込めないといった大きな支障が出る場合があります。

・構音障害・失語症

脳の言語を司る部分の損傷により、言葉や文字の理解ができなくなる場合があります。

話すことができない、書くことができないといった症状により、コミュニケーションに支障が出る場合があります。

・感覚障害

感覚を司る神経は、運動神経と密接に関係し、運動障害とともに起こることがあります。

手足のしびれや、物に触れる感覚や痛覚、温度を感じ方などに鈍化がみられ、反射行動がとれなくなるといったことも起こります。

・脳血管性認知症/高次機能障害

脳卒中によって引き起こされる脳細胞の壊死により発症する認知症のことを脳血管認知症と呼びます。

物忘れなどの記憶障害、時間や場所や人物の認識が困難になる見当識障害、物ごとを順序だてて行うことが困難になる実行機能障害などが見られますが、複合的に認知症が発症する場合もあります。

また感情を司る部分の損傷により、感情のコントロールがしづらくなり、怒りや悲しみが出やすくなるといったことも症状も見られます。

●保険内リハビリの限界

 これまでに紹介した通りで、脳梗塞は発症部位により様々な症状がありどれも十分時間をかけなければ緩和が難しいものばかりです。

 その一方で現在の医療や介護の保健制度の中ではリハビリの時間に限界があります。

 たとえば入院時に受けられるリハビリ(医療保険適用)では1日2~3時間、専門のスタッフが動作の再獲得や自宅復帰に向けた個別性の高いリハビリを提供することができますが、最大入院日数は150日(高次機能障害の場合は180日)となっています。

 一方デイサービスなどで受けられるリハビリ(介護保険適用)では健康体操やレクリエーションといった、身体機能の維持を目的とした40分程度のリハビリを日数制限なく受けることができますが、利用者複数名に対してスタッフが一名で行う個別性のニーズは満たせていないのが現状です。

 この歯がゆい思いは利用者さまだけでなく、私たち医療サービスを提供する側としても抱えていた思いでもあります。

 この思いを解消できるように、まずは「利用者さまが満足できるリハビリ」を、「時間に縛られることなく納得のいくまで」受けることができるように、また私たちもより時間をかけて利用者さまと向き合うことで、利用者さまが「今よりもっと動けるように」「症状にあった個別性の高いリハビリを提供できるように」との思いで当施設を開業に至りました。

PAGE TOP
Instagram