【エビデンス34】禁煙について考える

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
禁煙について考える

【2】出典
Trends in Active Cigarette Smoking Among Stroke Survivors in the United States, 1999 to 2018
※参照元(外部リンク)
https://www.ahajournals.org/doi/abs/10.1161/STROKEAHA.120.029084
2020年4月 アメリカ

【3】目的
脳卒中後も喫煙を続ける患者は、再発のリスクが高くなる。
過去20年間で効果的な禁煙薬が利用可能になったが、脳卒中経験者の喫煙率が不明である。
そこで、この期間中の喫煙率を詳しく調べてみた。

【4】方法
2つの米国健康調査から、1~2年毎に収集された横断的データを使用して傾向分析を行った。
1999年~2016年までの全国健康栄養調査(NHANES)49,375名
2011年~2018年までの行動リスク要因監視システム(BRFSS)3,621,741名と対象にした。
脳卒中の有無に関わらず全員の傾向を分析した。

【5】結果
2つのデータから脳卒中の有病率は3%であった。
喫煙を継続している割合は、NHANESで24%、BRFSSで23%であった。
脳卒中の既往のない個人では、NHANES、BRFSSの両方で喫煙のオッズが時間とともに減少していた。
対照的に、脳卒中の経験者では喫煙の減少を認めなかった。

【6】結論
健康な成人ほど禁煙傾向にあり、脳卒中の経験者ほど喫煙者の減少がみられなかった。

【7】センター長の感想
日本でも10月から煙草が値上げされています。
愛煙家の皆様には耳の痛い話になりますが、病気になったからといって禁煙ができる訳ではないのです。
禁煙を成功された方の話を聞くと「煙草を吸いたい気持ちは今も変わらない」といいます。

要するに禁煙する意思が強くなければ禁煙できないということです。

関連記事

  1. 5大栄養素の食材

    【エビデンス25】日本人における一過性脳虚血発作(TIA)後…

  2. パワートレーニングの効果

    【エビデンス紹介1】脳卒中後の若年および高齢者におけるパワー…

  3. 【エビデンス72】退院後の装具は必要か?

  4. 【エビデンス77】骨密度の低下を防ごう

  5. 【エビデンス15】 運動イメージに必要な時間

  6. 【エビデンス91】揚げ物が好きなんです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Instagram