【エビデンス58】死神に追い付かれる歩行速度は?

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
死神に追い付かれる歩行速度は?

【2】出典
Abstract TP520- Walking Pace and the Risk of Stroke- A Dose-Response Meta-Analysis
※参照元(外部リンク)
https://www.ahajournals.org/doi/abs/10.1161/str.50.suppl_1.TP520
2019年2月 中国

【3】目的
歩行ペースが脳卒中のリスク低下にどのように影響しているかを明らかにすることを目的とした。

【4】方法
関連するコホート研究を抽出し、統合と再解析を行った。
8つの研究で136,117名、脳卒中患者2,254を対象にした。
歩行速度が最も早いグループと、最も遅いグループで用量反応関係も調べてみた。
 
【5】結果
歩行速度が最も遅いグループは、最も早いグループに対して脳卒中の発症リスクが1.84倍だった。
時速4kmを下回る歩行速度の場合、時速1km遅くなる毎に脳卒中の発症リスクが19%高くなることがわかった。 
時速4km以上の場合は、脳卒中の発症リスクは変わらないことがわかった。
この関連性は、脳卒中の種類や性別によらず一貫していた。
 
【6】結論
歩行速度が時速4km以下の場合、脳卒中の種類や性別を問わず発症リスクが明らかに高いことがわかった。

【7】センター長の感想
1分間で80m進む速さが時速4kmです。
けっこう早歩きだなと思いました。
普段のウォーキングで距離を測ってみて試してみることをお勧めします。

早く歩くために必要な姿勢(フォーム)や必要な筋力については、別の機会にお伝えしたいと思いますが、気になる方は当ステーションにお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 【エビデンス94】定時退社のすすめ

  2. 【エビデンス116】白身肉は身体にいいのか?

  3. 【エビデンス紹介4】上肢機能回復には腹筋が効果的な理由

  4. 【エビデンス136】脳内出血後の超早期リハビリが危険な理由

  5. 【エビデンス31】腸内細菌叢由来の短鎖脂肪酸がよい理由

  6. 【エビデンス11】プライミング(準備運動)で上肢機能の回復が…

PAGE TOP
Instagram