【エビデンス71】フライドポテトは敵なのか?

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
フライドポテトは敵なのか?

【2】出典
Potato consumption and risk of cardiovascular disease: 2 prospective cohort studies.
※参照元(外部リンク)
2016年9月 スウェーデン

【3】目的
カリウムが豊富でグリセミック負荷(血糖値上昇)が高いジャガイモの摂取が、心血管疾患(CVD)のリスクと関連しているか調べてみた。

【4】方法
CVDおよび糖尿病のない健常な成人69,313名を対象にした。
コホート研究で13年間の追跡調査を行った。
分析は、潜在的な交絡因子を除外したCox比例ハザードモデルを使用した。
 
【5】結果
期間中に10,147件のCVD(心筋梗塞、心不全、脳卒中)があり、4,003名が死亡した。
ジャガイモの総消費量(ボイルドポテト、フライドポテト、フレンチフライ)とCVDは男女ともに関連がなかった。
総消費量の増加に伴うCVDリスクの傾向も確認できなかった。

【6】結論
ジャガイモの消費量と心血管疾患リスクに関連性はなかった。

【7】センター長の感想
たまにしか食べないけど、ハンバーガーにはかかせないですよね。
映画館でもたまに食べます。
ジャガイモよりも塩分量のほうが気になる今日この頃です。



関連記事

  1. 【エビデンス136】脳内出血後の超早期リハビリが危険な理由

  2. 【エビデンス50】脳卒中後の痙性に対する灸頭鍼の効果

  3. 【エビデンス92】歩行訓練に杖は必要か?

  4. 【エビデンス107】クモ膜下出血と認知症について

  5. 【エビデンス149】若い人が脳卒中になる主要な原因について

  6. 【エビデンス124】脳卒中後は6分間で〇〇m歩けないと…

PAGE TOP
Instagram