【エビデンス87】脳卒中と珈琲って関係あるの?(パートⅡ)

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
脳卒中と珈琲って関係あるの?(パートⅡ)

【2】出典
Coffee consumption and mortality in Japan with 18 years of follow-up: the Jichi Medical School Cohort Study
※参照元(外部リンク)
2021年1月 日本
 
【3】目的
珈琲の摂取は心血管疾患(脳卒中を含む)や癌による死亡率を低下させる効果が期待されている。
そこで、珈琲の摂取量と心血管疾患や癌の死亡率は逆相関の関係にあるという仮説を立てて、日本人を
対象に検証してみた。
 
【4】方法
12のコミュニティから9,946名の被験者(男性3,870名、女性6,076名、年齢19~93歳)を対象にした。
前向きコホート研究のデータを使用し、被験者の珈琲摂取量は食物摂取頻度質問票で確認した。
 
【5】結果
18.4年の追跡期間中に2,024名が死亡した。
677名が癌、238名が冠動脈疾患、244名が脳卒中だった。
全体として、珈琲の摂取量と総死亡率の関連は見られなかった。
原因別死亡率分析では、珈琲を1日1~2杯摂取する人が、珈琲を飲まなかった人に比べ有意に死亡率が低かった。
この関連は男性にのみで確認できた。

【6】結論
総死亡率と珈琲の摂取量に関連性はなかった。
ただし、脳卒中の死亡率に関しては、男性に限り1日1~2杯摂取する人のほうが死亡率が低下することがわかった。

【7】センター長の感想
珈琲って身近な飲み物ですよね。
数多くの研究がありますが、日本人を対象にした研究なのか?ということも考えてみるといいと思います。
僕は珈琲が大好きなので生涯飲み続けたいと思います。

関連記事

  1. 【エビデンス59】高齢で脳卒中を発症した場合にリハビリって効…

  2. 【エビデンス紹介4】上肢機能回復には腹筋が効果的な理由

  3. 【エビデンス14】上肢の麻痺には電気刺激がよい理由

  4. 【エビデンス133】ビタミンB群のサプリメントがお勧めできる…

  5. 【エビデンス55】身体活動量を見直そう

  6. 【エビデンス80】栄養サポートの重要性について

PAGE TOP
Instagram