【エビデンス93】緑茶&珈琲のすすめ(パートⅡ)

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
緑茶&珈琲のすすめ(パートⅡ)

【2】出典
Green Tea and Coffee Consumption and All-Cause Mortality Among Persons With and Without Stroke or Myocardial Infarction
※参照元(外部リンク)
2021年2月 日本

【3】目的
脳卒中または心筋梗塞の有無にかかわらず、緑茶と珈琲の消費量と死亡率の関係を日本人を対象に詳しく調べてみた。
 
【4】方法
共同コホート研究のベースライン(1988~1990年)で、40~79歳の参加者46,213名(脳卒中生存者478名、心筋梗塞生存者1,214名、どちらも該当しない者44,521名)を対象にした。
2009年までのフォロー期間中に、ライフスタイル、食事療法、潜在的な交絡因子を調整し、全ての原因による死亡率を多変量解析した。

【5】結果
追跡期間中に9,253名が死亡した。
緑茶の摂取量は、脳卒中や心筋梗塞生存者の総死亡率と逆相関していた。
脳卒中の経験がない者では、この逆相関の関連はみられなかった。
珈琲の摂取量は、脳卒中の経験がない者の総死亡率と逆相関していた。
総卒中生存者では、この逆相関の関連はみられなかった。
 
【6】結論
緑茶の摂取は脳卒中や心筋梗塞の再発予防に有効であることが示唆された。
珈琲の摂取は病歴のない人の予防に有効であり、心筋梗塞の再発予防にも有効であることが示唆された。

【7】センター長の感想
珈琲は利尿作用(オシッコが出やすくなる)があるので脱水に注意が必要ですね。
健康的な生活を送るためには運動も大切なんですが、身体づくりの基礎となる栄養がベースにあることが前提なんだと改めて思いました。

関連記事

  1. 【エビデンス37】ウォーキングは時間を意識して

  2. 【エビデンス97】脳卒中後の合併症ランキング

  3. 【タイトル85】視覚フィードバック療法とは?

  4. 【エビデンス29】 脳卒中後のバランス機能向上には後ろ歩きが…

  5. 【エビデンス71】フライドポテトは敵なのか?

  6. 【エビデンス9】脳卒中患者における前庭リハビリテーション

PAGE TOP
Instagram