【エビデンス109】握力を指標にしよう

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
握力を指標にしよう

【2】出典
Effect of relative handgrip strength on cardiovascular disease among Korean adults aged 45 years and older- Results from the Korean Longitudinal Study of Aging (2006-2016)
※参照元(外部リンク
2019年9月 韓国

【3】目的
加齢による骨格筋の構造的変化あるいは機能的変化は、脳卒中を含む心血管疾患との関連が指摘されている。
これら骨格筋の変化は握力(HGS)で簡易に測定することができ、シンプルで信頼性の高い評価といわれている。
そこで、心血管疾患に対する相対的な握力のカットオフ値を調べてみた。
 
【4】方法
韓国の縦断研究(KLoSA)から、45歳の男女8,494名を対象にした。
脳卒中を含む心血管疾患をフォローし、握力測定結果との関連を解析した。
測定方法は、利き手のみの握力(dominant HGS)左右の握力の和(absolute HGS)左右の握力の和をBMIで除した相対的握力(relative HGS)に設定した。 

【5】結果
相対的握力は男女ともに心血管疾患と強く関連していた。
さらに男性では2.52、女性では1.55がカットオフ値であることがわかった。
 
【6】結論
韓国の成人を対象にした研究で、相対的握力が男性で2.52、女性で1.55を下回る場合、心血管疾患を発症するリスクが高い。
 
【7】センター長の感想
加齢に伴い骨格筋の筋肉量が低下することを「サルコペニア」、加齢に伴い心身の予備能力が低下し健康障害を起こしやすくなった
状態を「フレイル」と定義していますが、どちらも骨格筋の筋肉量が低下することに問題があります。
握力は全身の筋力を予測できる信頼性の高い評価ツールです。
臨床場面でも上手く活用しながら経過をフォローしていけるといいですね。

関連記事

  1. 【エビデンス76】脳卒中後に運動したいけどできない理由

  2. 【エビデンス147】趣味を持つこと

  3. 【エビデンス15】 運動イメージに必要な時間

  4. 【エビデンス45】心房細動の予防に必要な身体活動量

  5. 【エビデンス130】脳卒中後は身体が傾きやすい

  6. 【エビデンス96】食生活の見直しは若いうちから

PAGE TOP
Instagram