【エビデンス120】40歳を超えてからの体重変化を考えてみる

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
40歳を超えてからの体重変化を考えてみる

【2】出典
Weight change during middle age and risk of stroke and coronary heart disease: The Japan Public Health Center-based Prospective Study
※参照元(外部リンク
2021年2月 日本

【3】目的
中年期の体重変化が心血管疾患の発生率に与える影響は明らかになっていない。
そこで、5年間の体重変化が脳卒中や冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)のリスクと関連しているかを詳しく調べてみた。
 
【4】方法
日本公衆衛生センターを拠点とする前向きコホート研究で、5年間の追跡調査票に回答した40~69歳の参加者74,928人を対象にした。
体重変化はベースライン時の体重から自己申告による体重を差し引くことで計算した。
脳卒中や冠動脈疾患のイベントは病院の記録で確認した。
 
【5】結果
5年間の追跡期間中に3,975件の脳卒中と、914件の冠動脈疾患が記録された。
男性は体重変化が2kg以下で安定している場合に比べ、5kg以上減少した場合の脳卒中リスクが1.17倍であった。
また、冠動脈疾患のリスクは、5kg以上増加した場合に1.22倍であった。
女性は体重が5kg以上減少した場合の脳卒中リスクが1.33倍、5kg以上増加した場合が1.61倍(U字型関連)であった。
 
【6】結論
中年期の体重増加は女性で脳卒中のリスク増加と、男性で冠動脈疾患のリスク増加と関連していた。
5kg以上の体重減少は男性と女性の両方で脳卒中のリスク増加と関連していた。
 
【7】センター長の感想
太るより、大幅に痩せた場合にリスクが増加するという結果ですね。
なぜ痩せたのかという背景も大きく関与していると思います。
健康的に痩せた場合と、ストレスなどにより痩せた場合は全然違いますからね。
皆様、お身体を大切にして下さいね。

関連記事

  1. 【エビデンス紹介5】悪玉コレステロール値(LDL-C)と脳内…

  2. 【エビデンス78】脳卒中後の10年間を追ってみた

  3. 【エビデンス57】メタボリックシンドロームと脳卒中

  4. 【エビデンス39】麻痺していない方の手も鍛えるべし

  5. 【エビデンス108】ビデオゲームを取り入れてみよう

  6. 【エビデンス104】下肢の筋トレ効果

PAGE TOP
Instagram