【エビデンス128】脳卒中後のアームスリングについて(システマティックレビュー)

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
脳卒中後のアームスリングについて(システマティックレビュー)

【2】出典
The use of shoulder orthoses post-stroke: effects on balance and gait. A systematic review
参照元(※外部リンク
2020年12月 ベルギー

【3】目的
脳卒中後のアームスリングは、亜脱臼や疼痛の予防に効果があると考えられているが明確な結論はでていない。
しかし多くの研究は、脳卒中後の上肢機能がバランスや歩行に大きな影響を与えることを示唆している。
そこで信頼のおけるデータベースを用いて、アームスリングがバランスや歩行に与える影響を詳しく調べてみた。
 
【4】方法
4つのデータベース(PubMed、EMBASE、CINAHL、EBSCO)で2020年1月までの研究を使用した。
試験の方法論的品質は、定量的研究のためのQualSyst評価ツールを使用して評価した。(Prospero登録番号:CRD42019130282)
 
【5】結果
10件の研究で上肢障害(軽度~中程度)のある283名が対象となった。
脳卒中発症からの期間は平均時間で21.88±9.03ヶ月であった。
アームスリングの使用がバランスや歩行に与える影響(パラメータの向上など)はわずかであった。
その効果は、最小の臨床的重要差(MCID)を超えなかった。

【6】結論
2020年1月までの研究結果から、アームスリングの使用がバランスや歩行に与える影響(エビデンス)は確認できなかった。
 
【7】センター長の感想
アームスリングの使用に否定的な考えではありませんが、脳卒中後の機能回復に効果があるのか?
という判断をする際には、こういった研究結果を知っておく必要があると思います。
急性期病院や回復期病院など、発症からの期間によっても必要性や重要性は変わると思いますので参考にして下さい。

関連記事

  1. 【エビデンス102】失語症は脳画像で予想できる?

  2. 【エビデンス110】脳卒中後の転倒について

  3. 【エビデンス51】声楽は記憶と言語の回復を促進する

  4. 【エビデンス98】脳卒中後の感情コントロール

  5. 【エビデンス26】水分の摂取量は多いほうがいい

  6. 【エビデンス62】血圧が高い人は脳卒中になりやすい?

PAGE TOP
Instagram