【エビデンス130】脳卒中後は身体が傾きやすい

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
脳卒中後は身体が傾きやすい

【2】出典
Effects of galvanic vestibular stimulation combined with physical therapy on pusher behavior in stroke patients: A case series.
参照元(※外部リンク
2014年7月 日本

【3】目的
脳卒中後、麻痺側に身体が勝手に傾く症状をプッシャー現象という。
本研究ではプッシャー現象に対する前庭感覚電気刺激(GVS)の効果を詳しく調べてみた。
 
【4】方法
プッシャー現象を呈する脳卒中患者2名を対象にした。(ABABシングルケースデザイン)
通常行うリハビリ(理学療法)にGVSを組み合わせ、2週間後の効果を確認した。
GVSはリハビリを実施する前に20分間実施した。
プッシャー現象は、Contraversive Pushing(SCP)のスケールとBurke Lateropulsion Scale(BLS)を用いて評価した。

【5】結果
両患者ともGVSを実施した週にのみSCPの改善を認めた。
BLSは通常のリハビリでも改善がみられたが、GVSを行った週により大きな改善を認めた。

【6】結論
プッシャー現象の改善に、前庭感覚刺激(GVS)が効果的であることが示唆された。
 
【7】センター長の感想
臨床をしていると「麻痺側に傾いていく人」「非麻痺側に傾いていく人」の2パターンを見かけます。
プッシャー現象は前者(麻痺側に傾いていく)を指しますが、改善に時間を要するケースが多いです。
訓練前の先行刺激として、電気刺激を用いるのは良いかもしれませんね。

関連記事

  1. 【エビデンス49】歩行の代償動作を改善したいなら靴底を上げて…

  2. 【エビデンス77】骨密度の低下を防ごう

  3. 【エビデンス45】心房細動の予防に必要な身体活動量

  4. 【エビデンス119】怒りの沸点が低い人は要注意

  5. 【エビデンス90】ビタミンB1は足りているか?

  6. 【エビデンス70】脳卒中患者における鍼治療の機能的持続性につ…

PAGE TOP
Instagram