【エビデンス152】脳卒中後の疲労対策について

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
脳卒中後の疲労対策について

【2】出典
Fatigue and Activity After Stroke. Secondary Results From the Life After Stroke Study
※参照元(外部リンク
2020年5月 ノルウェー
 
【3】目的
脳卒中などの中枢神経疾患に伴う易疲労は臨床的に重要な症候であると考えられている。
そこで、脳卒中発症後の亜急性期から慢性期にかけての有病率変化と身体活動量の関連性を詳しく調べてみた。
 
【4】方法
セントオラフ大学病院で軽度~中等度の脳卒中患者145名を対象にした。(平均年齢71.5歳、男性57.2%)
疲労感の測定は、疲労感重症度尺度(FFS:FatigueSeverityScale)を用いて評価し、3ヵ月後、18ヵ月後にフォローアップを行った。
身体活動量に関しては、activePAL(座位・立位・歩行を長期間、連続的に測定できる傾斜計)を用いて評価した。

 

 

 



【5】結果
46名(31.7%)が参加時に、43名(29.7%)がフォローアップ時に易疲労を訴えた。
単変量回帰分析では座位活動と歩行が易疲労と有意に関連し、多変量回帰分析では歩行に費やした時間のみが易疲労と関連していた。
 
【6】結論
脳卒中などの中枢神経疾患に伴う易疲労は亜急性期から慢性期にかけて有病率の変化はみられなかった。
歩行時間の増加が易疲労の低下と有意に関連していた。
 
【7】センター長の感想
以前にブログ No.143で紹介させていただきましたが、脳卒中後は身体活動に伴うエネルギー消費量が増加するため疲れやすくなります。
リハビリなどの訓練時(20分~1時間程度)に歩行訓練を行っても疲労感は軽減しませんし、1日24時間ある内の1時間程度ですから期待できる効果も大きくはありません。
大切なことは「訓練の時に歩く」ではなく、その方の過ごし方(日常生活での活動量)をいかに変えられるか?
であると個人的に思います。

 

関連記事

  1. 【エビデンス105】認知症とマグネシウムの関係性

  2. 【エビデンス76】脳卒中後に運動したいけどできない理由

  3. 【エビデンス124】脳卒中後は6分間で〇〇m歩けないと…

  4. 【エビデンス45】心房細動の予防に必要な身体活動量

  5. 【エビデンス58】死神に追い付かれる歩行速度は?

  6. 【エビデンス98】脳卒中後の感情コントロール

PAGE TOP
Instagram