【エビデンス156】牛乳を飲もう

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。

【1】タイトル
牛乳を飲もう

【2】出典
Association between Milk Intake and Incident Stroke among Japanese Community Dwellers: The Iwate-KENCO Study
※参照元(外部リンク)
2021年11月 日本

【3】目的
牛乳はビタミンやカルシウムなどの豊富な栄養素をバランスよく含んでおり、単一食品としては世界中でいちばん大く消費されていることからもわかるように、健康をサポートする代表的な食品として考えられている。
日本での牛乳消費量は欧米諸国に対してかなり少ないため、牛乳の消費量が健康(脳卒中リスク)に関連するかを詳しく調べてみた。
 
【4】方法
心血管疾患のない40~69歳の成人14,121名(男性:4,253名、女性:9,868名)を対象にした。
参加者には簡単な自己記入式の食事質問票を用いて牛乳の摂取頻度を10年間追跡調査した。
アンケートの結果から、脳梗塞や脳出血との関連を解析した。 

【5】結果
10年間の期間中に478名が脳卒中を発症した。
女性で牛乳の摂取頻度が週にコップ2杯未満と比較して、コップ7~12杯以上では脳卒中の発症リスクが0.53倍と明らかに低かった。
男性では有意差を認めなかった。
 
【6】結論
1日1杯コップで牛乳を飲むと脳卒中の発症リスクを低下させる効果がある。
ただし女性限定で、男性には効果がない可能性がある。
 
【7】センター長の感想
男女で差があるのが面白いと個人的に思ったのでブログに記載しました。
牛乳は学校給食に馴染みがありますが、大人になってからは飲まなくなったように思います。
1日1杯を目標に飲んでみようと思います。

関連記事

  1. 【エビデンス73】お酒について考えてみる

  2. 【エビデンス56】ヴァーチャルリアリティ療法 vs レクリエ…

  3. 【エビデンス50】脳卒中後の痙性に対する灸頭鍼の効果

  4. 【エビデンス173】等尺性筋力トレーニングが血圧を下げる

  5. 【エビデンス83】電気刺激をやってみよう(パートⅡ)

  6. 【エビデンス45】心房細動の予防に必要な身体活動量

PAGE TOP
Instagram