【エビデンス173】等尺性筋力トレーニングが血圧を下げる

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。

【1】タイトル
等尺性筋力トレーニングが血圧を下げる

【2】出典
Effects of isometric resistance training on resting blood pressure- individual participant data meta-analysis
※参照元(外部リンク)
2019年10月 オーストラリア

【3】目的
等尺性筋力トレーニング(IRT)が血圧管理に有効であるというエビデンス(クラスⅡBで推奨度C)が確認され、高血圧管理のガイドラインにも記載されるようになった。
そこでエビデンスの質を上げるため、個人の参加者データを全て統合し厳格なメタアナリシスを行った。

【4】方法
少なくとも3週間以上のIRTに関する研究を厳選した。
1ステップ、2ステップアプローチを使用して体系的な検索と個人の参加者データを分析して統合した。
 
【5】結果
12の研究から326人のデータを抽出した。
52.7%は降圧薬治療を受けていた。
191人がIRT対象群で135人がコントロール群だった。
25.2%が冠動脈疾患と診断されていた。
 
IRT強度は最大握力の8~30%で3~12週間継続して行われた。
血圧改善効果は、1ステップ、2ステップアプローチの順にそれぞれ収縮期血圧は(-6.22mmHg, -7.35mmHg)
拡張期血圧( -2.78mmHg, -3.29mmHg)平均動脈圧は(-4.12mmHg,-4.63mmHg )だった。
薬や患者の特徴でIRTの効果は影響されなかった。

【6】結論
ここの患者の分析により、等尺性筋力トレーニングは、血圧を臨床的かつ統計学的に有意に低下させることが明らかになった。

【7】センター長の感想
単なる握りトレーニング(テニスボールを週3回、8分間)が血圧を低下させ脳卒中リスクも下げるそうです。
実践するしかないですね。

関連記事

  1. 【エビデンス96】食生活の見直しは若いうちから

  2. 【エビデンス14】上肢の麻痺には電気刺激がよい理由

  3. 【エビデンス54】比例回復則って何?

  4. 【エビデンス155】菜食主義(ベジタリアン)は脳卒中リスクを…

  5. 【エビデンス20】 精確な鍼刺激は脳卒中患者の特定の脳領域を…

  6. 【エビデンス163】下の血圧が高い場合に注意したいこと

PAGE TOP
Instagram