【エビデンス174】温泉に浸かるといい

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。

【1】タイトル
温泉に浸かるといい

【2】出典
Balneotherapy in treatment of spastic upper limb after stroke.
※参照元(外部リンク)
2015年2月 ボスニア・ヘルツェゴビナ

【3】目的
脳卒中後の痙性(筋緊張の亢進)は機能回復を妨げるだけでなく二次的な疼痛を発生させる。
そこで温泉療法が痙性と疼痛にどのような効果をもたらすかを詳しく調べてみた。

【4】方法
発症後6ヶ月未満で脳梗塞の既往がある男女70名(平均年齢66歳)を対象にした。
温泉療法(硫黄浴31~33℃)グループと、水道水グループで1日20分間の入浴を21日間継続した。
また、全ての患者に運動療法も実施した。
痙性はアシュワーススケールで、疼痛はビジュアルアナログスケールで評価した。
 
【5】結果
温泉療法を実施したグループで上肢の痙性が有意に減少し、疼痛のレベルも低下した。

【6】結論
硫黄水による温泉療法が痙性と疼痛を大幅に改善し、脳卒中後の治療に役立つ可能性がある。

【7】センター長の感想
温泉に入るだけで痙性や疼痛の軽減に効果があるのならお勧めしたいですが…。 
そもそも介助なく温泉に入れるようにならないとダメですね。

関連記事

  1. 【エビデンス38】睡眠は大事です

  2. 【エビデンス30】運動イメージ訓練(MIT:Motor Im…

  3. 【エビデンス164】脳卒中経験者が重視する研究テーマについて…

  4. 【エビデンス104】下肢の筋トレ効果

  5. 【エビデンス70】脳卒中患者における鍼治療の機能的持続性につ…

  6. 年末のご挨拶

PAGE TOP
Instagram