【エビデンス紹介1】脳卒中後の若年および高齢者におけるパワートレーニングの効果

パワートレーニングの効果

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
脳卒中後の若年および高齢者におけるパワートレーニングの効果
The Effects of POWER Training in Young and Older Adults after Stroke.
※リンク
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27493828/
2016年8月アメリカ

【2】目的
脳卒中後遺症に悩む方の大半は歩行速度の遅さを抱えています。
そこで、下肢の筋力トレーニングによる効果を若年者と高齢者(慢性期の脳卒中患者)の2グループで比較する。

【3】方法
16人を対象に、レッグプレス、カーフレイズ、ジャンプなどの筋力トレーニングを24日行った。

【4】結果
・両グループで麻痺側、非麻痺側ともに膝の伸展筋力が大幅に向上した。
・若年グループで、快適歩行速度が大幅に向上した。
・快適歩行速度は、両グループともに脚の筋力と強く関連していた。
・歩行速度の改善を目標とするのであれば筋力トレーニングが非常に効果的である。

【5】センター長の感想
こういう研究はシンプルに好感が持てます。
根拠が曖昧なゴッドハンド系のリハビリより、身体を動かすことの方が効果があると考えています。
麻痺でお悩みの方は、当ステーションに体験に来て下さい。
ご期待に添えると確信しています。

関連記事

  1. 【エビデンス紹介6】慢性期の失語症でも3週間の集中効果で改善…

  2. 【エビデンス8】脳梗塞後の失語症に対する自宅で実施可能な音声…

  3. 【エビデンス15】 運動イメージに必要な時間

  4. 【エビデンス紹介4】上肢機能回復には腹筋が効果的な理由

  5. 【エビデンス14】上肢の麻痺には電気刺激がよい理由

  6. 【エビデンス22】リーチ動作訓練を行う環境について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP
Instagram