【エビデンス紹介4】上肢機能回復には腹筋が効果的な理由

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。



【1】タイトル
上肢機能回復には腹筋が効果的な理由

【2】出典
Abdominal muscle strength and the recovery of upper extremity function in stroke patients: a study using propensity score matching
※リンク(参照元)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31874062/
2019年12月 日本

【3】目的
軽度~中等度の亜急性期脳卒中患者78人を対象に、腹筋力を「強」「弱」の2グループに分類し上肢機能との関連を調べた。

【4】方法
手の機能を評価する簡易テストのスコア改善をグループ間で比較した。

【5】結果
上肢機能の改善は腹筋力「強」のグループが明らかに大きく、軽度より中等度の患者に目立っていた。

【6】結論
腹筋力は上肢機能回復と優位に関連がある。

【7】センター長の感想
木に例えると、幹(体幹)がどっしりとしていないと、枝葉(手足)が機能しないということです。

腹筋が大切なのはわかるけど、どのような訓練をしたらいいかわからない。
自分に合った方法を教えてほしいという方は、当ステーションの理学療法士にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 【エビデンス40】便秘は怖い

  2. 【エビデンス70】脳卒中患者における鍼治療の機能的持続性につ…

  3. 【エビデンス110】脳卒中後の転倒について

  4. 【エビデンス15】 運動イメージに必要な時間

  5. 【エビデンス87】脳卒中と珈琲って関係あるの?(パートⅡ)

  6. 【エビデンス91】揚げ物が好きなんです

PAGE TOP
Instagram