【エビデンス18】 脳卒中後は認知症になりやすい?

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。



【1】タイトル
脳卒中後は認知症になりやすい?

【2】出典
Reduced thiamine is a predictor for cognitive impairment of cerebral infarction
※リンク(参照元)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32755028/
2020年8月 中国

【3】目的
脳卒中後の認知障害は血管性認知障害として、患者の約3分の1に起こるといわれている。
そこで、アルツハイマー型認知症やウェルニッケ脳症との関連が報告されているチアミン(ビタミンB1)と血管性認知症の関連を調査した。

【4】方法
急性期の脳梗塞患者182名を対象に、入院後24時間以内の血中チアミン濃度と他のビタミンB群濃度を測定した。
患者は認知機能テスト(MMSE)の結果をもとに認知障害ありなしの2グループにわけた。
 
【5】結果
関連する交絡因子を調整した後も、チアミンの欠乏(≺1.0ng/ml)は認知障害と独立して関連していることが明らかになった。
また、高齢・低教育歴・糖尿病・左半球梗塞・米国国立衛生研究所脳卒中スケール(NIHSS)も認知障害の独立した危険因子であった。 

【6】結論
チアミン(ビタミンB1)の減少は、急性期脳卒中患者の認知障害を早期に予測する因子の一つになる。

【7】センター長の感想
ビタミンB1について調べてみました。
豚肉や大豆に多く含まれていると知って、毎日「納豆」食べていてよかったー!
…と、心の中でガッツポーズしました。

脳梗塞後の栄養管理に興味のある方は、当ステーションの管理栄養士にご相談下さい。

関連記事

  1. 【エビデンス67】距骨を安定化させると歩きやすい

  2. 【エビデンス166】脳卒中後の上肢麻痺

  3. 【エビデンス110】脳卒中後の転倒について

  4. 【エビデンス149】若い人が脳卒中になる主要な原因について

  5. 【エビデンス95】卵は1日に何個まで?

  6. 【エビデンス11】プライミング(準備運動)で上肢機能の回復が…

PAGE TOP
Instagram