【エビデンス21】音楽が脳に良い理由

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
音楽が脳に良い理由

【2】出典
Music Listening modulates Functional Connectivity and Information Flow in the Human Brain.
※参照元(リンク)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27464741/
2016年7月 アメリカ

【3】目的
音楽を聴くことが脳卒中後の機能回復に有益であるとの報告が多い。
そこで、音楽鑑賞中に磁気共鳴機能画像法(fMRI)を用いて脳の反応を詳しく調べてみた。

【4】方法
健康な12名のボランティアを対象にした。
強い感情的反応を呼び起こす自身が選択した曲(テンション上がる好きな曲)、まったく馴染みのない音楽(日本の雅楽、バッハの曲)アフリカのクリック音(舌打ち言語)、ニュース速報の冷静な読み上げ、それぞれを聞きながらfMRIで機能結合と情報フローを解析した。
 
【5】結果
脳の賦活パターンはそれぞれ異なっていたが全ての音刺激で脳のブロードマンエリアが最も強く反応しており、脳血流量の増加は明らかであった。
最も広範囲で脳が反応していたのは、強い感情反応を呼び起こす自身が選択した曲(テンション上がる好きな曲)と、まったく馴染みのない音楽であった。
他の音楽や言語(ニュース速報の冷静な読み上げ)は対照的であった。

【6】結論
テンションの上がる好きな曲や馴染みのない曲を聴くと脳が広く活動し、機能結合と脳血流量が増加する。

【7】センター長の感想
自宅での運動は継続が難しい。
でも「好きな曲を毎日聞いて下さい」は実践しやすいと思う。
ほんの些細なことなんだけど、こういった声掛けが出来るセラピストになりたい。

音楽療法や言語療法に興味のある方は、当ステーションの言語聴覚士にご相談下さい。

関連記事

  1. 【エビデンス78】脳卒中後の10年間を追ってみた

  2. 【エビデンス8】脳梗塞後の失語症に対する自宅で実施可能な音声…

  3. 【エビデンス42】ロボット支援での歩行訓練について

  4. 【エビデンス73】お酒について考えてみる

  5. 【エビデンス65】新型コロナウィルスが脳卒中の治療に及ぼす影…

  6. 【エビデンス22】リーチ動作訓練を行う環境について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Instagram