【エビデンス26】水分の摂取量は多いほうがいい

当ステーションの施術方針や考え方についても知ってもらうためにも、論文を定期的に紹介していきます。
更新情報を希望される方は公式Facebookページに「いいね!」を押してください。


【1】タイトル
水分の摂取量は多いほうがいい

【2】出典
Daily Habit of Water Intake in Patients with Cerebral Infarction before its Onset; Comparison with a Healthy Population- A Cross-Sectional Study
※参照元(外部リンク)
https://www.karger.com/Article/Abstract/500075
2019年5月 日本

【3】目的
脳梗塞(CI)を予防するのに水分摂取が頻繁に推奨されているが、それを裏付ける研究は少ない。
そこで、日本人を対象に3つの病院で横断研究を行った。

【4】方法
1,287名の日本人を対象にした。
内訳は、CI患者=274名、健康な成人=1,013名であった。
CI発症後にノンアルコール飲料(NAD)の摂取量が「増加した」「変化がない」「減少した」の3グループに振り分けを行い、共同分散分析と事後テストにより、これら3つのグループと比較群のNAD摂取量を比較した。

【5】結果
参加者の平均年齢は62.8±9.3歳であった。
CI患者の内、151名(女性36名)が「増加した」、105名(女性30名)が「変わらない」、18名(女性2名)が「減少した」となった。
平均NAD摂取量は「増加した=1,702.5±670.2 mL」「変わらない=1,494.2±611.2 mL」「減少した=1,268.0±596.1 mL」であった。
比較群の平均NAD摂取量は、1,720.6±686.0mLであった。
関連する変数で調整した後、グループ間のNAD摂取量に有意差を認めた。
カットオフ値の1,570mL/日を下回る場合、CIのオッズ比は2.48倍であった。
 
【6】結論
CI患者のNAD摂取量が発症前と等しいと仮定すると、CI患者は発症前からNAD摂取量が健康な成人を下回る傾向にあり、NADの摂取のを心がけることで、CI発症を予防できる可能性があることを示唆した。

【7】センター長の感想
人体の体重における約60%が水分といわれています。
水が身体に必要だというのは、研究結果がなくても何となくわかる気がします。
ノンアルコール飲料だからといって、ジュースはお勧めしませんが…。

この話に興味のある方は、当ステーションの管理栄養士にお気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 【エビデンス紹介4】上肢機能回復には腹筋が効果的な理由

  2. 【エビデンス紹介3】鍼灸の鍼治療が脳(運動野)に与える影響

  3. 5大栄養素の食材

    【エビデンス紹介2】退院後の栄養不良と予後

  4. 【エビデンス24】朝ごはん食べてますか?

  5. 【エビデンス22】リーチ動作訓練を行う環境について

  6. 【エビデンス8】脳梗塞後の失語症に対する自宅で実施可能な音声…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP
Instagram