より当ステーションを知っていただくために

お問合せをいただく内容から、特に皆さまに知っておいていただきたいものを厳選してご紹介いたします。

Q1:リハビリの対象となる病気は何ですか?

A1:
脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)を発症され、後遺症でお悩みの方が対象となります。後遺症には、運動障害・感覚障害(麻痺)・言語障害・高次脳機能障害など様々な症状がありますが、全て対象となります。
その他、難病指定の疾患(例:パーキンソン病)も一度ご相談下さい。

Q2:どのようなリハビリを行いますか?

A2:
当ステーションで施術を担当する療法士(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)は、医療法人裕紫会中谷病院の回復期病棟でキャリアを積んでおり、科学的根拠に基づいた医療の実践(Evidence-Based Practice)を常に心がけております。
また、鍼灸を担当する鍼灸師は、身体の局所から全身への血液循環を促進することで身体機能の調整を行いトリガーポイント(圧痛~発痛点)へのアプローチを行うことで、リハビリの補助ではなく鍼灸独自の効果を生み出すことが可能です。

Q3:脳血管疾患の後遺症は治りますか?

A3:
血管疾患の後遺症は完治できる症状ではありません。
発症前の状態まで回復するケースは極めて稀(脳血管でトラブルを引き起こした場所の影響を大きく受ける)で、死滅した脳細胞が甦るわけではなく、リハビリを行ったからといって失われた全ての機能が回復できるわけではありません。
しかし発症からの期間に関わらず、失われた身体機能や動作を再獲得するための適切な訓練を継続することは必要で、これ以上の回復は不可能だと諦める必要はまったくありません。
後遺症でお悩みの方は、お力になれることがあるかもしれませんので、当ステーションに一度ご相談下さい。

Q4:なぜ60日で週2回のリハビリなのですか?

A4:
最短で最大の効果をご実感いただく最低限の頻度と期間として、提携先である脳梗塞リハビリセンターが積み重ねてきた施術経験の実績と成果に基づき、週2回以上60日間に設定しております。

Q5:保険外と聞くと高額なイメージがあるのですが大丈夫ですか?

A5:
当ステーションを運営しているのは医療法人裕紫会です。
今回の保険外リハビリプログラムは一見すると高額に感じられますが、医療保険で受けられるリハビリが全額負担になった場合と同等な価格設定になっております。
裕紫会では、医療と介護のトータルネットワークで「地域とともに生きる」を理念としたサービスの徹底を心掛けています。
※料金の算出について(別ウインドウで開きます)

Q6:栄養指導とはどのようなことをしますか?

A6:
当ステーションの栄養指導は、運営母体である医療法人裕紫会中谷病院の管理栄養士が行います。
「食事が自己管理できるようになっていただく」を目標に、利用者様の身体づくりに必要な栄養バランスを評価し、
脳梗塞を繰り返さないための食事管理をサポートしていきます。

Q7:送迎のサービスはありますか?

A7:
当ステーションでは送迎のサービスを行っておりません。
お手数をおかけしますが利用者様ご自身でのタクシー等の手配をお願いいたします。

Q8:遠方から通う場合に宿泊(滞在できる)施設はありますか?

A8:
当ステーションならびに医療法人裕紫会では宿泊可能な施設がありません。
遠方からのご利用をご検討いただく際には、JR和歌山駅周辺で長期宿泊が可能な施設をお探しくださいますようお願いいたします。

PAGE TOP
Instagram